船橋市・鎌ヶ谷市の大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)|坂口医院

診療案内
一般内科・外科
生活習慣病
消化器内科(胃腸科)
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査)
健康診断・検診・予防接種
患者の気持ち
携帯はこちらから
大腸内視鏡検査とは
肛門より内視鏡を挿入し、直腸から結腸もしくは回腸末端にかけて、大腸の粘膜に生じた病変を直接観察する検査です。粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープやがんなどがないか調べます。
大腸がんとは
大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生するがん腫の事です。
統計では50代から多くみられ、60代から70代でピークになり、近年、大腸がん患者は増加の一途をたどっています。
大腸がんの症状
早期の場合は、ほとんど症状がないのが一般的で、大腸のどこの部分にがんができているかによって、症状が変わってきます。
大腸がんの簡単チェック項目

□ 最近、便秘気味または下痢気味である
□ 下痢と便秘が交互にくる
□ 便に血が混じっている事がある
□ 便が黒い
□ 便が細くなってきた
□ お腹が張る
□ 最近ストレスを感じる

気になる項目があれば、お気軽に当院へご来院ください。
検査の対象
症状
疾患
検査方法
肛門から内視鏡を挿入し、大腸の粘膜に生じた病変を直接観察します。
直腸からS状結腸、下行結腸、横行く結腸、上行結腸、盲腸と大腸全体を検査し、粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープやがんなどが分かります。
  1. 検査当日、電解質液(下剤のようなもの)を飲んで頂きます。
  2. 腸の中を洗い流す役目をし、肛門から出てくる液が透明になってから、検査を始めます。
  3. 専用の検査着に着替えて頂きます。
  4. 内視鏡を入れる前に、苦痛を防ぐ、局所麻酔(ゼリー剤)を用います。
  5. 内視鏡を肛門に挿入し、詳しく観察致します。
  6. 疑わしい場所は、生検のために組織を採取致します。
注意事項
ご不安な点や詳細はお気軽にお問い合わせください。
40歳ぐらいになったら、定期的な検査を受けて、早期発見と治療がとても大切です。
まずはお気軽に当院へご来院ください。
医院概要
坂口医院

【月・火・水・金】
 9:00~12:30/15:00~18:00

【土】 9:00~12:30 【休診日】 木・日・祝

★船橋市特定健診の受付は月・火・水・金の9:00~11:30です。

★内視鏡検査は予約制です。(緊急の場合を除く)

〒273-0048
千葉県船橋市丸山1丁目55−3
専用駐車場有

TEL.047-438-6381

アクセスはこちら